Q・誰が作るのですか?

A・地域の小規模工務店、あるいは個人大工が多いです。直接作り手の顔が見えること、経営状況がクリアであること、余計な人員がいないほうが経営的にも楽で、総合的に見て見積が安くなることに無理が無いため、その方法を採っています。国交省により義務化された10年間の瑕疵担保責任保険にも当然加入した工務店が仕事をします。