・木(天竜杉、天竜桧、松、ヒバ)

百年住まいる 天竜杉 含水率検査
天竜杉 検品

 湿潤の気候に慣れ親しんだ多くの日本人は、木の家に安らぎを感じる。ただ木造住宅とは言っても、骨組みを石膏ボードで隠す大壁工法がハウスメーカーを中心に主流となっているため、柱・梁の姿を見る機会は一般的に減少しつつある。

 

 また一般的住宅ではコストの事情から耐久性に乏しい樹種の集成材を用いる事も増えたため、表に出して使うには心苦しい事もあり大壁工法の方が住宅供給者に都合が良いという皮肉な状況でもある。

 

 当事務所では主に天竜杉を柱として採用しており、家全体の雰囲気にあわせて節の程度、木目の具合を勘案し、適度に見せるように心掛けている。もちろんコストに直結する部分であるため、無等級の状態の柱の山から良さそうなものを選別して使い分けてくれるような大工の気配りに支えていただいていることも書き加えておく。また、構造材以外にも床・壁・天井にも木を多く採用し、用途に合わせた部屋の雰囲気作りを心掛けている。